目の下のたるみとクマ

排出しきれない水分や老廃物が貯まると、目の下のかるみが目につくようになります。

血液の流れや、リンパの流れが悪くなることで、老廃物が貯まりやすくなるといいます。

老廃物が蓄積されているために、目の下にたるみができるのです。

たるみの他に、盛り上がりやクマが表れている場合は特に要注意です。

目の下にクマができる場合、たるみと違うのでしょうか。クマには色々なクマがあります。

青グマは、寝不足や疲労によって目の下の血液の流れが停滞し、鬱血が見えている状態です。

青グマの他に、茶グマがあります。茶グマは目の周りを強くこすったり、アイメイクの刺激でできる色素の沈着です。

クマを目立たないようにするには、血の流れをよくすること、睡眠をしっかりとること、ビタミンを補給することなどです。

日々のスキンケアだけでなく、適切な目の下のクマ対策が必要です。

これらのクマとは異なるタイプのものにクマのような影に見えるけれど実はたるみだったというのがあります。

目の下の皮膚を支える表情筋が衰えていたり、乾燥で肌のハリが失われていたり、その両方の影響がある場合などで目の下がたるみます。

目の下のたるみ対策と、クマ対策ではすべきことは違いますので要注意です。